アレグラは猫アレルギーの症状に効くのか

マスクをかける女性

アレグラは抗ヒスタミン剤に分類される抗アレルギー薬です。
アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎、じんましん、ぜんそくなどあらゆるアレルギー性疾患に対して効果を発揮します。
近年は市販薬としても販売され、TVコマーシャルも流れているので知らない人の方が少ない程でしょう。
医療用医薬品に関しては特許が切れて、ジェネリック医薬品のフェキソフェナジンが発売されています。
アレグラは抗アレルギー薬の中でも高い薬であるため、ジェネリック医薬品が発売されて、経済的負担が少なくなったのは消費者にとってはとてもいいことです。

ところで猫アレルギーは猫の毛などに触れることによって起こるアレルギー反応です。
じんましんという形で症状が現れることが多いです。
この猫アレルギーにはアレグラは効く薬なのでしょうか。

アレグラは猫アレルギーにも効く薬です。
アレグラは市販薬ではアレルギー性鼻炎の薬として宣伝されているため効くのか不安に思う方も多いでしょうが、きちんと効果を発揮します。
猫アレルギーは猫の毛がアレルゲンとなってアレルギー反応が起こります。
このアレルギー反応では免疫細胞の1つである肥満細胞からヒスタミンなどのケミカルメディエーターが遊離します。
このヒスタミンが組織のヒスタミンH1受容体に結合することでアレルギー症状を引き起こします。
アレグラはこのヒスタミンH1受容体をブロックする効果があるために、抗アレルギー薬としての効果を発揮します。
よって猫アレルギーのメカニズムにも合致した、最適の薬であると言えます。
最近は市販薬で簡単に手に入るようになっているので、猫アレルギーの人は手持ちに持っておくと便利です。