寒冷じんましん等のアレルギー症状に使用のアレグラ

アレグラとはアレルギー症状に使われる薬です。
使われている成分はフェキソフェナジン塩酸塩になります。
アレルギーには花粉症や鼻炎、コリン性や寒冷のじんましん、アトピー性皮膚炎を抑える効能があります。
放っておくと、これらのアレルギー症状はどんどん広がってしまうことになります。
アレグラは口が渇いたり眠くなるようなインペアード・パフォーマンスといわれるアレルギー薬の成分抗ヒスタミン薬に見られる頭痛やめまいというような副作用はあまりないのが特徴です。
ただし認知症などの記憶に関わる病気や妊婦にはアレグラの使用にあたり注意が飲み合わせとともに必要になります。
ちなみに幼いお子さん用に対応した薬があります。

そもそもアレルギーの原因がヒスタミンといわれ、さまざまな抗ヒスタミン薬が開発され、これは眠くなるという印象を持ちます。
第二世代となり、急性や寒さで生じる寒冷じんましんなど免疫力を強めて元から発症させず進行させないという炎症を含めて、すべて症状の原因を抑えるということで症状を回復へ向かわせるものに改善されています。
第一世代といわれる薬では排尿障害のような副作用が他に見られましたが、アレグラは近年では免許の際に問題になる車の運転で危険になるような眠気が強くなる可能性には無理なく使用できます。
アレグラはこの抗ヒスタミン薬で三環系と分かれるピぺリジン系に属するのがアレグラです。
アレルギー症状には寒冷じんましんやアトピー性皮膚炎に加え、コリン性じんましんというこのアトピー性皮膚炎との合併症があり、アレグラがよく服用されまう。
またかゆみ止めやくしゃみのような慢性的で早めに止めたくなる症状に対して、効果が早めに現れやすい部分のためよく重宝されます。